理念

Mind identity

HUMOREではデザイン、媒体、業態に対して「得意・不得意」の考えを持っておりません。ターゲット、ユーザーが一番良く見る媒体を模索し、一番伝わる表現を、内容を含めて行うことを心がけております。

また出来る限り戦略から関わるよう心がけております。
クライアント様の考えや理念、サービスを好きになり「強みを言葉でも人に伝えれること」をまず目指します。だからこそ現実味を持った説得力ある提案と、明確なターゲット設定を行えると考えています。

上記2点を大切にすることで、双方が求めるものを自然に届け、幸せにする。 それが私の考える「ヒト、モノ、コトを最適な形で結ぶ」デザインであり、HUMOREの理念です。

6つの心がけ

six Behavior Identity

効果的なデザインをお届けするために、心がけていること。

ライン
アイコン:ルーペ

販促や経営戦略のご相談から

目的は何か、誰のために行い、どこに辿り着くか、その相談からお受けします。 理念から考えて強みの見直しやターゲット設定、集客について等、一緒に考えさせていただきます。

ハート

ユーザーの目線でデザインをする。

曖昧な情報ではなく、ライフスタイルでターゲットを明確にしていくこと、 どういった状態で見られるかも含めて、立ち位置を変えてユーザー目線のご提案を行います。

アイデア

幅広い媒体知識を活かした選択

効果的なご提案のためにデジタル・アナログ含めた幅広い媒体を、実務を通して扱い 結果を出してきました。その知識を活かして、的確なご提案を行います。
アイコン:ルーペ

効果的なテイストで作る

「私の得意なテイストで作る」のではなく「ユーザーに選ばれる、求められるテイストで作る」 という考えで制作を行ってきました。引出しを多く持つことで明確な理由を持ったデザインを行います。

ハート

着地点まで責任を持つ

デザイン制作後の利用に合わせて、著作権、商標権、特許、印刷、動画、コーディングの知識を抑えてます。 着地点に合わせたご説明や、加工、外注依頼を行うことで着実に完成形へ導きます。

アイデア

制作後もご相談を伺います。

制作後のご相談や、効果に合わせた変更も承ります。(有料) また、継続してご相談していただくことで、より理解を深め、 改善を重ねたご提案を行えます。