Pocket

アクセサリブランドme%様より店頭ツールの制作依頼をいただきました。
後日写真もアップしたい…です。

制作物

meper_sp04 meper_sp03 meper_sp02 meper_sp01

コンセプト

必要なものをそちらから提案してほしい。という依頼から始まったので、店頭調査をもとに10点ほどのツールを提案しました。その中でちょうど悩んでいたという「POP」「カテゴリバー」と、新しい試みとして「ランキング什器」「プチプラ什器」が実用化。現在北千住店で運用中です。

アイキャッチとなるツールは相対的に見て目立たないと意味がないので、派手な中で敢えてPOPに黒色を選択しました。

人気の商品や価格帯が安いものは、それだけで注目度も変わります。整理し、まとめて販売することで買い物がより楽しくなる什器を目指しました。

ブレーンワーク

タップorクリックで詳細

店頭調査で行った10の提案

ランキング什器、プチプラ什器、POP、カテゴリバーの刷新に加えて、
・商品でコーディネート提案をするデジタルフォトフレーム
・混み合った際店外で販促できるようなミニリーフ
・ラッピングサービスの訴求POP、
・SNSの告知POP、フォロー数を増やすための施策 ・サンプルと購入アクセのナンバリング什器 など、現状を整理すること、訴求力を上げることを主軸においてご提案させていただきました。

一般論の前に、現実を見て目立つ色を判断

画像の通り、アクセサリーの台紙はピンク、後ろはフォントで作られた派手な壁。POPは目立つ派手なものが選ばれますが、一般的な派手はこの空間では目立ちません。敢えて地味色をご提案しました。 担当の方も「POPが目立たない」ことについては悩んでおられたらしく、店頭調査で答えにたどり着けたことにホッとしました。

▶クレジット

デザイン:tajima
制作ソフト等:illustrator/photoshop

制作日:2014年6月26日
このページの一番上へ