Pocket

東急プラザ 渋谷の閉館にあたり、特別メニュー販売が行われました。その内容をまとめたリーフレットの制作依頼をいただきました。

制作物

tokyuplaza_cloesdmenu_omote

tokyuplaza_cloesdmenu_ura

コンセプト

B5/2つ折リーフレット指定で依頼をいただきました。小さい紙面だからこそメリハリをつけることが大切です。写真、品名と価格、店名ロゴの順で目線の流れを作り、カテゴリは、はっきりした色で区分けしました。

渋谷店でかかげられているムラサキツユクサのマークに合わせ、紫を取り入れて他の媒体との繋がりを作りました。また、歴史のあるお店が多く、重厚さを感じさせる色味で高級感を出してます。

ブレーンワーク

タップorクリックで詳細

歴史を知ると形の意味も深くなる

築地玉寿司やロゴスキーといった歴史あるお店と東急プラザ 渋谷店の歩み・つながりを知る機会があり(Plaza Memories制作時)最後のメニューを作らせていただけることがとてもありがたかったです。

根本から知る事で、重厚感あるデザインをご提案できました。

他の媒体について知ることで効果を出す

東急プラザ 渋谷では、全体を通してムラサキツユクサを媒体に取り入れています。特に今回はアイコンとして目立っていました。

他の媒体を理解しているからこそ、「合わせる」ことができ、この媒体のみが悪目立ちする結果を避けれました。全体像を把握する事で使用想定ができ、結果、効果を見込めるツールになります。

中と外をコピーで繋げる

裏面になった時、ページを開いた時、導入の有無で印象が変わります。些細な事ではありますが、紙面を作る上で切り替わりと流れにはよく注意し、利用者を迷子にしない工夫を施します。

繋がりはコピーで作る事が多く、今回もコピー内容も併せてご提案させていただきました。

▶クレジット

デザイン:tajima chiharu
制作ソフト等:Illustrator/Photoshop
Media:B5/2つ折(両面)

制作日:2015年1月10日
このページの一番上へ