Pocket

渋谷のファッションビルQ plazaで使用するムービーのブレーンワークと動画作成の一部を行いました。
完全版がまだもらえていない状態なので右のフロアガイドは空欄です。

制作物

コンセプト

働く女性をターゲットに、気分を切り替えて楽しんでもらえる場所として運営を行っておられましたので、その意図を汲んだムービーの作成を行いました。

連続再生できる形で、ターゲット像であるキャラクターがリラクゼーション、食事、ヘアサロン、買い物と色々な楽しみを「切り替わる画面の中で」紹介していき、施設の魅力を伝えます。

ブレーンワークの一部と、女性の動きの8割程を担当する形で制作に携わりました。

ブレーンワーク

タップorクリックで詳細

外装に装飾を施さないルールと販促の悩み

建物のデザインに「外装に装飾を施さない」というルールがあったらしく、商業ビルとして全面を使って販促活動ができず悩んでる。とのご相談を受けました。

他のビルに比べて商業ビルというのが解り難いので、施設内について知ってもらいたい…というお話と、施設で持っている機材を活かしたいとのお話を受けた上で思索を考えました

どこで、だれに、なにを魅せたら効果的か

お話を伺った結果、休日には並ぶぐらい人気の飲食店があり、その待ち時間に「並ぶ場所で」見ていただき「施設へ既に入っている方へ」「他の店舗の魅力や施設について」も知ってもらおう!というお話しに行き着き、制作の基盤として意識しました。

▶クレジット

ディレクター:W.M
ブレーンワーク:W.M/tajima
イラスト:W.M
女性の動き:tajima
制作ソフト等:After effect

制作日:2015年10月20日
このページの一番上へ